ホーム  > 矯正治療メニュー  >  矯正装置の種類と治療法

目白ヶ丘デンタルクリニック 矯正歯科 03-3954-2580 診療日:月曜~土曜日 休診日:日曜、祝祭日 お問い合わせはこちら
矯正治療とは
子どもの矯正 VISITING EXAMINATION
大人の矯正 CHILD DENTISTRY
ブライダル ホワイトニング/矯正治療 BRIDAL
無料相談窓口
BLOG ブログ

矯正装置の種類と治療法

セルフライゲーションシステム

ワイヤー矯正治療の中でも「セルフライゲーションシステム」という最新の装置を使用しています。
従来の矯正装置はゴムでワイヤーをとめていましたが、セルフライゲーションシステムではシャッターでワイヤーをおさえるため、従来の装置と比べて抵抗が少なくなっています。
そのため、「早い」「痛みが少ない」という特徴があります。
見た目も歯と同じ色でできているため、目立ちにくく人気があります。
近年ではマウスピース矯正が「見えない矯正治療」として人気が高いですが、自分の歯で噛み合わせながら歯を動かす事ができるために、最終的な噛み合わせの正確さはワイヤー矯正が勝っています。
矯正専門医による精密な検査と診断、治療ができるのはワイヤー矯正ならではの特徴です。
最近はシャッターもセラミックで作製してあるため、非常に目立ちにくい装置となりました。

menu_about01 menu_about02
slider06
 成人矯正バイト2 成人矯正バイト

サファイヤ矯正装置

「人工サファイヤ」でできた透明なの矯正用ブラケットです。
歯と同じ色の白いワイヤーと併用することで、ほとんど目立つことがありません。
「セルフライゲーションシステム」の装置と違い、ワイヤーをゴムでおさえる従来の器具ですが、見た目の美しさはみなさまの「矯正は見た目がイヤ」というイメージを変えてくれることでしょう。
DSC_0354 DSC_0353

下の写真は、目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科の患者さんが成人式で撮影した写真です。
矯正器具はほとんどわかりません。
S__32735239-768x798S__32735238

舌側矯正装置(裏側からの装置)

「見えないように矯正をしたい」というか方には裏側に装置をつける「舌側矯正装置」がオススメです。
人から気づかれる事なく歯並びを改善することができます。
舌触りがよくないという欠点がありますが、滑舌はすぐに慣れるため、接客業の方にも大変評判が高い矯正装置です。
マウスピース矯正では苦手とされる細かい歯の動きを、矯正専門医によるオーダーメイドの治療で可能としています。

成人矯正バイト

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)

  logo_color_cmyk_large

インビザライン(invisalign)とは、ブラケットやワイヤーを使わない透明なマウスピース型の矯正装置です。

このマウスピース型のインビザラインは透明なので治療中も目立たず、食事の時に装置を取り外せるなど、大きなメリットがあります。
理想的な歯並びになるように、少しずつ歯を移動させた状態のマウスピースを製作し、そのマウスピースを装着することで歯を矯正していきます。

インビザラインのメリット

・目立たない!

Aligner_Package5Aligner_on_trim
透明なマウスピース型の装置のため、目立たず周囲から気づかれにくい装置です。
ブラケットを装着する必要がないため、矯正後の後戻り治療にも最適な装置です。

・取り外しができる!

Invisalign_Trio1

食事や歯磨きの時は、矯正装置を取り外すことができます。
歯磨きが不自由なく行えるため、口腔内を清潔に保つことができます。

・歯の動きのシミュレーションが見れる!

merit_img_02
インビザラインはコンピューター上で歯を動かしてシミュレーションを行います。
終了時にどのような歯並びになるかをご覧になれます。

・痛みが少ない!
0.2mmずつ歯を動かすためのマウスピースを2週間毎に交換して、ご自身の咬む力で優しく歯を動かすため、痛みが出にくい矯正装置です。
ワイヤー矯正のような調整直後の強い痛みがありません。

・最新のコンピューター製!

merit_img_01
米国の大手矯正専門ラボが提供するシステムのため安心です。
インビザラインは米国で最新のコンピューターが製作する正確な装置です。

・矯正中の虫歯治療が可能!
インビザラインは再作製が可能なため、矯正治療中でも被せ物(クラウン)などによる虫歯の治療が可能です。

・違和感が少ない!

half_wire
金属のワイヤーとブラケットのような従来の装置と比べて異物感が少ない。

・同時にホワイトニングができる!
インビザラインのマウスピースを利用してホワイトニング(ホームホワイトニング)を行うことができます。
オフィスホワイトニングも可能です。

インビザラインのデメリット

・適応症が限られている
奥歯の咬み合せに問題のない前歯部の歯列不正、歯並びの横幅が狭い歯列不正、後戻りの治療、スペースの閉鎖などが主な適応症です。
上下顎の大きな不調和、複雑な歯のコントロールなどはインビザラインでの治療は困難です。
途中までインビザラインで動かし、最終的な細かい噛み合わせを短期間のワイヤー矯正治療で治すという組み合わせも可能です。

・装着時間を守らないと歯は動かない
マウスピースを装着しなければ歯は移動しません。
マウスピース矯正は装置が取り外せることは大きなメリットでもありますが、簡単に装置が取り外せるため、患者様が責任を持って決められた時間装置を付けなければ治療は進みません。1日20時間の装着が目安です。
自分で管理するのが不安という方には舌側(裏側)矯正治療がおすすめです。

※インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用危害救済制度の対象外の場合があります。

Copyright © 2014-2018 医療法人社団 盛幸会 目白ヶ丘デンタルクリニック・矯正歯科. All Rights Reserved.

PAGE TOP